『絶対行きたくなる!日本不滅の名城「江戸城」』の史跡に行ってみた

上野東照宮|徳川家康公を祀る黄金の東照宮(夜間ライトアップも)

二ヶ領用水|徳川家康公が小泉次大夫に作らせた神奈川県最古の用水路

八王子城跡|秀吉軍の前田・上杉・真田らを苦戦させた北条最後の激戦地

2019年度前期メディアスクーリング中間リポート結果発表

メディアスクーリング

2019年度の前期メディアスクーリング受講科目(詳しくはこちらの記事参照)のうち、中間リポートのあった科目について評価は以下の通りでした。

結果発表

【中間リポート結果一覧】

ファイナンス論Ⅰ:A

労働法(働き方に関する法ルール):B

経済学特講(現代社会とマクロ経済学):A

国際経済論Ⅰ :A

 

個人的には上々の結果でした。

ファイナンス論Ⅰのリポートは、設題の内容として第8講まで授業を消化しないと書けない内容となっておりました。

ただ、何とかこれは必死に済ませてリポートを提出しましたが、今回(私からすると)とんでもない愚か者がいたようです。

しかも、この不正を働いた人は何と15名もいたという……

リポートの内容としては、本当にきちんと講義を聴いて、きちんと書こうとすれば不正など働かなくても十分戦える内容の設題でした(奇問難問ではなかった)。

労働法(働き方に関する法ルール)については、これは準備不足というか、あまりリポートの質としては今ひとつな内容のまま提出する事となりました。何とかB評価を頂けて命拾いといったところです。

経済学特講(現代社会とマクロ経済学)につきましては、授業内容と設題が頭の中で繋がらない状態でした。

ひとえに、私の理解が足りていないが故の苦戦であったと思いますが、この科目が今回最も苦しんだリポートとなりました。

国際経済論Ⅰは、比較的すんなりとリポートを書けた印象です(授業で習った知識をそのまま使えば、いい感じに書けました)。

少しというか大幅にご報告が遅れましたが、本年度の前期メディアスクーリング中間リポート結果は以上です。

タイトルとURLをコピーしました