【2018年版】ド素人の私がAmazonアソシエイトの審査にたった6記事で合格した方法

雑記

ブログの収益化でググると、大体Google AdSenseとAmazonアソシエイトが出てきます。

そして、両方とも比較的審査が厳しいらしいです。

そこで、今回はブログの開設から僅か2週間で、たった6記事でAmazonアソシエイトの審査を合格した方法をお教えいたします(厳密には申請時5記事、審査中に1記事追加)。

……と、いかにも検索されそうな出だしの書き方をしてみましたが、当ブログはあくまでも「ヘボリーマンが法政大学通信教育過程の卒業を目指す記録」です。

従いまして、ノウハウも何もありません。そういうのはそういうブログに任せます(おい)。

とりあえず、一応記録として残しておこうとは思いますので、もし参考になりましたら活かして下さい。

私がAmazonアソシエイトに登録した理由

単純に、大学の授業について書いた記事の中に、教科書や参考書のリンクを画像と一緒に載せられたらいいなと思ったからです。

しかも、それをぽちぽちっとクリックすればすぐに買えたら、便利だなと思ったのです。

あとは、記事の見栄えもよくなるかなと。

Amazonアソシエイトの審査にたった6記事で合格した方法

巷では10記事くらいで合格するという情報が多かったのですが、私は当初、無謀にも3記事で申請してみました。

結果は、惨敗しました(笑)。

しかし、忍耐力に乏しい私は、今度は5記事で申請を行い、審査中に1記事追加でアップしたのですが、昨日無事に審査合格のメールが届きました。

それでは私がAmazonアソシエイト審査合格までにやったことをご紹介いたします。

記事は真面目に書いた(つもり)

記事中に必ず画像を使用した(権利フリーの素材だけど)

文字数はバラバラ

情報商材のリンクは貼らなかった

広告・アフィリエイト等もなかった

(1)記事は真面目に書いた

繰り返しになりますが、あくまでもこのブログを始めた趣旨は「ヘボリーマンが法政大学通信教育過程の卒業を目指す記録」なので、そこは一貫しております。

この点は今後もブレるつもりは一切ありません。

例え、息抜き的な雑記が少し増えるにしても、本懐はあくまでも通信制大学を卒業するまでの記録を記事として残す事にありますので。

(2)記事中に必ず画像を使用した

所謂フリー素材が中心ですが、必ず画像を入れております。

その方が記事の見栄えがいいから、という理由だけではなくて、ググってみた感じではどうやら画像を使用している方が審査で有利との情報を見たからです。

ただし、権利を侵害するような画像は駄目みたいです(当然ですが)。

私の場合、何となく記事の内容に合ったイメージの画像を毎回選んでおります。

(3)文字数はバラバラ

文字数についてググってみると、何か「1記事あたり1,000文字以上書くべき!」とか「1記事あたり3,000文字以上書くべき!」とか書いてあり、かと思えば逆に「1記事あたり500文字以上あれば十分」という情報もあったりします。

しかし私はド素人なので、どの情報が正解か分からなかったので、とりあえず文字数を一切気にせず書いてみる事にしました。

そして、受かるまで申請しまくればいいじゃないという精神でした。

一応、以下に記事の更新ペースと文字数を一覧表としてお示しします。

公開日文字数画像
1記事目2018/8/281,031あり
2記事目2018/8/291,252あり
3記事目2018/9/1574あり
4記事目2018/9/4858あり
5記事目2018/9/7651あり
6記事目2018/9/93,553あり

(4)情報商材のリンクは貼らなかった

一切貼りませんでした。

今後も、サーバーレンタル代がかかるのでGoogle AdSenseくらいは導入したいと考えております。

ただ、逆に言えばそれくらいしか考えておりません。

広告収入を得ることが目的ではないので。

(5)広告・アフィリエイト等もなかった

まだGoogle AdSenseの審査に合格した訳でもないので、何もありません。

ただ、一般的には情報商材のリンクを貼っているサイトは審査に通りにくく、またGoogle AdSenseやその他ASPのリンクは見解が分かれている模様です。

まとめ

意外と文字数とかよりも、権利関係などを侵害せずに真面目にあれこれ書いていれば、案外すんなりと審査に合格できるのかもしれません。

とりあえず、ド素人の私はこんな感じでした。

もし、これからAmazonアソシエイトを導入したいと考えていらっしゃる方に、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました