江戸時代の料理再現|真の八杯豆腐 江戸時代の料理本『豆腐百珍』

真の八杯豆腐(江戸時代の料理再現)完成江戸時代の料理再現

今回は、江戸時代にベストセラーとなった料理本『豆腐百珍』に書かれている豆腐料理「真の八杯豆腐」の再現に挑戦しました。

材料も調理工程も至ってシンプルなものとなっています。

なお、調理に際しては参考文献を下地としております。

真の八杯豆腐の材料

1人分

  • 絹ごし豆腐
  • 八杯汁(だし汁6:酒1:醤油1)
  • 大根おろし

真の八杯豆腐レシピ・作り方

だし汁と酒を鍋に入れて火にかけ、沸騰させる。

真の八杯豆腐(江戸時代の料理再現)だし汁と酒を火にかける

醤油を加えてさらに一煮立ちさせる。

真の八杯豆腐(江戸時代の料理再現)醤油を加えてさらに煮返す

絹ごし豆腐を入れる。

真の八杯豆腐(江戸時代の料理再現)豆腐を加える

豆腐が浮き上がる頃合いで器に盛り、八杯汁をかけてから大根おろしを盛り付ける。

真の八杯豆腐(江戸時代の料理再現)完成

完成。

感想

『豆腐百珍』には作るのにハードルが高そうなレシピもありますが、この真の八杯豆腐は作るのがとても簡単で、昔の料理再現に挑戦するにはもってこいのレシピです。

味もクセがなく食べやすいので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

「何時代の人もこれを食べていたのか」と思いを馳せながら頂くと、美味しさも増しますよ。

参考文献

福田浩・杉本伸子・松藤庄平[2008]『豆腐百珍』(新潮社)

車浮代[2014]『シンプルで粋。今すぐつくれる江戸小鉢レシピ』(講談社文庫)

タイトルとURLをコピーしました