『絶対行きたくなる!日本不滅の名城「江戸城」』の史跡に行ってみた

上野東照宮|徳川家康公を祀る黄金の東照宮(夜間ライトアップも)

二ヶ領用水|徳川家康公が小泉次大夫に作らせた神奈川県最古の用水路

八王子城跡|秀吉軍の前田・上杉・真田らを苦戦させた北条最後の激戦地

中原御殿跡(神奈川県平塚市)|裏門が現存する徳川家康公の御殿跡

相州中原御殿之碑徳川家康公ゆかりの地

今回は徳川家康公が江戸と京都を往来する際に宿泊した、中原御殿の跡地を訪れました。

中原御殿は、平塚から江戸城虎ノ門を繋ぐ中原街道筋に建てられた御殿です。

現在、中原御殿の跡地には石碑『相州中原御殿之碑』が建立されているのみですが、中原御殿の裏門が近隣にある善徳寺の三門として移築されて現存しています。

今回は、その現存する裏門も見に行きました。

中原御殿跡

中原御殿とは、徳川家康公の命により、江戸と駿府や上方(京都・大阪)間の往復や鷹狩の際の宿舎として中原街道の中原宿に建てられました。

中原御殿が建てられた時期については、史跡の案内看板だと慶長元年(1596年)とするものの諸説ありとし、Wikipediaでは文禄5年(西暦では同じ1596年ですが)説が唱えられているなど、明確な特定はできていないようです。

経路

中原御殿跡は、JR東海道線「平塚駅」から神奈川中央バスのバス停「中原御殿」下車徒歩2分程度で到着します。

「中原御殿」バス停で下車して、交番のある丁字路を右折します。

なお、このバス停のある道路が中原街道なのですが、その丁字路には史跡『中原宿高札場跡』もありますので、行きがけにぜひチェックしてみてください。

中原御殿跡道順その1

交番のある丁字路を右折して、住宅街の中を突き当たりまで進みます。

中原御殿跡道順その2

突き当たりの丁字路が、目的地の中原御殿跡です。

中原御殿跡遠景

現在は記念碑『相州中原御殿之碑』と2枚の案内看板があるのみです。

相州中原御殿之碑

現在、中原御殿跡は平塚市立中原小学校の一角に記念碑『相州中原御殿之碑』が建つのみとなっており、その遺構は地中に残るのみとなっております。

相州中原御殿之碑概観

この記念碑『相州中原御殿之碑』の題額は、水戸徳川家第12代当主・徳川篤敬の次男にして第15代将軍・徳川慶喜の大叔父である徳川宗敬によるものです。

記念碑には、中原御殿は別名『雲雀野御殿』とも呼ばれていたことや、文禄元年(1593年)に家康公が名護屋の陣へ赴く際に宿泊したことが始まりであること、明暦3年(1657年)に引き払われたことが記されています。

相州中原御殿之碑

案内看板によると、中原御殿は東西78間(約141m)×南北56間(約101m)と、中原小学校以上に広大な敷地を有し、さらに幅6間(約10m)の堀が巡らされていたとのことです。

中原御殿案内看板

非常に広大な規模であったことが伺えます。

もう1枚の案内看板には、中原御殿跡の遺構調査について説明されています。

中原御殿跡付近にある善徳寺の三門が、中原御殿の裏門を移築したものである説の紹介もされています(ただし、この案内看板には「はっきりしません」との表記あり)。

中原御殿跡と遺構案内看板

記念碑『相州中原御殿之碑』から北に進んで丁字路を左折すると、中原小学校の北側を通る道路があります。

中原御殿跡北側の道路

ここが中原御殿における北側の面とほぼ重なるようですが、残念ながら御殿の痕跡は残っていません。

寄り道:中原宿高札場跡

神奈川中央バス「中原御殿」バス停下車すぐの丁字路に、史跡『中原宿高札場跡』があります。

中原街道と、街道から中原御殿に続く大手道との交差点に位置しています。

中原宿高札場跡概観

江戸時代には、この場所に幕府により定められた禁令の書かれた木札が掲げられていました。

中原宿高札場跡案内看板

中原御殿を調べると必ずお目にかかる絵図『中原御宮記』(長谷川雪提)にも、中原宿高札場が描かれています。

中原宿高札場跡案内看板絵図

中原御殿跡に向かう際は、ぜひ立ち寄ってみてください。

浄土宗南原山永琳院善徳寺

今日、中原御殿の遺構として唯一現存すると伝えられているのが、中原御殿の裏門です。

中原御殿の裏門は現在、浄土宗南原山永琳院善徳寺の三門に移築されています。

浄土宗南原山永琳院善徳寺三門正面

中原御殿跡から徒歩約8分程度で行けますので、ぜひ寄り道して三門も見学してみることをオススメします。

経路

中原御殿跡『相州中原御殿之碑』に向かって左側に進み、丁字路を右折して中原小学校の南端に沿ってひたすら直進すると、善徳寺に着きます。

浄土宗南原山永琳院善徳寺概観1

広い墓地が見えてきますので、もう少し進むと山門があります。

三門(現存する中原御殿の裏門)

こちらが、中原御殿で唯一現存する裏門の移築と伝えられている、善徳寺の三門です。

浄土宗南原山永琳院善徳寺三門概観1

山門の前には石橋が架けられており、雰囲気があります。

浄土宗南原山永琳院善徳寺三門概観2

松の枝も良い雰囲気を醸し出しています。

浄土宗南原山永琳院善徳寺三門右側

山門の左側には、案内看板が設置されています。

文中の「雲雀野御殿」とは、前述の通り中原御殿の別名です。

浄土宗南原山永琳院善徳寺三門(中原御殿裏門)案内看板

茅葺き屋根の山門は、いかにもな風格のある佇まいです。

浄土宗南原山永琳院善徳寺三門(中原御殿裏門)

門の下から観ると、また迫力があります。

浄土宗南原山永琳院善徳寺三門(中原御殿裏門)屋根

三門の扁額には「南原山」と記されています。

浄土宗南原山永琳院善徳寺三門(中原御殿裏門)扁額

三門両脇の塀には「葵の御紋」の瓦があります。

浄土宗南原山永琳院善徳寺三門(中原御殿裏門)葵の御紋

本堂

こちらが、善徳寺の本堂です。

浄土宗南原山永琳院善徳寺本堂概観

実は、この善徳寺本堂の隅木(屋根の隅に伸びている柱)には、家康公ファンに嬉しい意匠が施されています。

浄土宗南原山永琳院善徳寺本堂右側

隅木にも「葵の御紋」がありますので、参拝の際はぜひ見落とさないように注意してください。

浄土宗南原山永琳院善徳寺本堂隅木(葵の御紋)右側

上の写真は、本堂右側の隅木です。

下の写真は、本堂左側の隅木です。

浄土宗南原山永琳院善徳寺本堂左側

個人的には、左側の隅木の方がより風情ある情景で楽しめました。

浄土宗南原山永琳院善徳寺本堂隅木(葵の御紋)左側

また、山門両脇の瓦と本堂の隅木以外にも、もう1か所「葵の御紋」があります。

浄土宗南原山永琳院善徳寺本堂棟紋

本堂の屋根の一番上にある棟紋にも、堂々と「葵の御紋」が輝いています。

ぜひ、善徳寺を参拝する際は「葵の御紋」にも注目してみてください。

臨済宗建長寺派豊年山清雲寺(お茶屋寺)

中原御殿跡と善徳寺からは少し離れていますが、バス1本で行ける場所に「お茶屋寺」と呼ばれる家康公ゆかりの寺があります。

それが、この臨済宗建長寺派豊年山清雲寺です。

臨済宗建長寺派豊年山清雲寺(お茶屋寺)三門概観正面

経路

神奈川中央バスのバス停「中原御殿」から伊勢原駅方面のバスに乗り、バス停「豊田本郷駅」下車徒歩約5分で着きます。

バス停「豊田本郷駅」で下車して、バスの進行方向側に少し進むと交差点「豊田本郷」があります。

その交差点にある牛丼チェーン店「すき家」の裏側にある道路をひたすら直進すると、清雲寺に着きます。

山門

清雲寺の山門には、家康公ゆかりの通称「おちゃやてら」の石碑が建てられています。

臨済宗建長寺派豊年山清雲寺(お茶屋寺)三門概観左側

記念碑によると、家康公が鷹狩りの際に清雲寺でお茶を飲んで以来、しばしば立ち寄ってお茶を飲んだことから「お茶屋寺」と呼ばれるようになったそうです。

臨済宗建長寺派豊年山清雲寺(お茶屋寺)三門石碑『徳川家康お茶屋寺由緒』

また、記念碑によると家康公は清雲寺に「所用の稚器三点を寄進した」とのことで、葵の御紋が描かれた銚子などが今日まで大切に保存されています。

平塚で語られる家康伝説 没後400年 博物館で特別展 | 平塚 | タウンニュース
江戸幕府の開祖・徳川家康の没後400年の節目に、平塚市に残る家康の史跡や伝説を一堂に会した特別展「ひらつかの家康伝説―由緒と地域―」が、3月19日(土)から5月8日(日...

清雲寺の山門は個人的に好きなタイプの山門と参道です。

臨済宗建長寺派豊年山清雲寺(お茶屋寺)三門

山門前には石造りの金剛力士像が安置されています。

臨済宗建長寺派豊年山清雲寺(お茶屋寺)三門近景

清雲寺山門の扁額です。

臨済宗建長寺派豊年山清雲寺(お茶屋寺)三門扁額

山門の裏側には『清雲寺御詠歌』なるものが飾られています。

臨済宗建長寺派豊年山清雲寺(お茶屋寺)三門『清雲寺御詠歌』

「ゆらいある お茶のちそうの 清雲寺」とありますが、この一文は家康公が度々立ち寄り喫茶したことに由来しているのでしょう。

境内・本堂

境内はこじんまりとした規模ながら、竹林も相まって雰囲気の良い空間となっています。

臨済宗建長寺派豊年山清雲寺(お茶屋寺)境内

こちらが清雲寺の本堂です。

臨済宗建長寺派豊年山清雲寺(お茶屋寺)本堂概観

落ち着いた様子の本堂です。

臨済宗建長寺派豊年山清雲寺(お茶屋寺)本堂

こちらが本堂の扁額です。

臨済宗建長寺派豊年山清雲寺(お茶屋寺)本堂扁額

残念ながら家康公のご寄進された品々は一般公開されていないので(大切に保管されているのだから仕方ないですが)、家康公に関連するものとして見学できたのは入り口の記念碑のみでした。

しかし、神社仏閣巡りとしても楽しめる素敵なお寺でしたので、中原御殿跡を見学する際はぜひもう一歩足を伸ばして参拝してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】中原街道筋の史跡

史跡徳川将軍小杉御殿跡|徳川家康公も利用した中原街道筋の御殿
史跡徳川将軍小杉御殿跡は、かつて小杉御殿のあった跡地のことであり、現在は神奈川県川崎市中原区小杉御殿町1丁目の中原街道沿いにその記念碑が建立されております。 中原街道はまだ東海道が整備される前の時代、徳川家康公が江戸ご入府や鷹狩りなどに利用し、小杉御殿も利用しておりました。
二ツ橋地名由来の碑|徳川家康公の詠んだ和歌が地名の由来となった場所
二ツ橋地名由来の碑とは、神奈川県横浜市瀬谷区瀬谷1丁目27にある、地名の由来を示した記念碑です。 二ツ橋という地名の由来は、徳川家康公が慶長18年(1612年)に詠んだ和歌によるものだそうです。 場所は横浜市瀬谷で、現在は中原街道と厚木街道の交差点となっております。

案内情報

相州中原御殿之碑(中原御殿跡)

  • 名称:相州中原御殿之碑(中原御殿跡)
  • 住所:神奈川県平塚市御殿2丁目7-9
  • 交通:神奈川中央バス「中原御殿」下車徒歩2分

中原宿高札場跡

  • 名称:中原宿高札場跡
  • 住所:神奈川県平塚市中原2丁目18-17
  • 交通:神奈川中央バス「中原御殿」下車徒歩0分

浄土宗南原山永琳院善徳寺

  • 名称:浄土宗南原山永琳院善徳寺
  • 住所:神奈川県平塚市南原3丁目2-7
  • 交通:神奈川中央バス「中原御殿」下車徒歩10分

臨済宗建長寺派豊年山清雲寺(お茶屋寺)

  • 名称:浄土宗南原山永琳院善徳寺
  • 住所:神奈川県平塚市豊田本郷1760
  • 交通:神奈川中央バス「豊田本郷駅」下車徒歩5分

タイトルとURLをコピーしました