『絶対行きたくなる!日本不滅の名城「江戸城」』の史跡に行ってみた

上野東照宮|徳川家康公を祀る黄金の東照宮(夜間ライトアップも)

二ヶ領用水|徳川家康公が小泉次大夫に作らせた神奈川県最古の用水路

八王子城跡|秀吉軍の前田・上杉・真田らを苦戦させた北条最後の激戦地

りぽたん(法政通教_未公式マスコット)が好き

雑記

りぽたんとは?

りぽたんとは、法政大学通信教育部の未公式マスコットです。名前の「りぽ」はリポートの「りぽ」、「たん」は単修(単位修得試験)の「たん」が由来であり、その体は鉛筆の五角形で「A+合格の五角形」をイメージしており、Hの芯は「法政のH」をイメージしているとの事。

公式Twitterも存在し、りぽたん(法政通教_未公式マスコット) (@Ripotan_Hosei)として法政通教に関する事を中心に、日々呟いていらっしゃります。

また、公式マスコットではなく「未公式」マスコットとの事です。

りぽたんの初ツイート

りぽたん公式Twitterの初ツイートを調べて見ると、2015年11月24日12:49付の以下のツイートが初投稿のようです。

あれ?

初ツイートなので、自己紹介とか、Twitter始めました的な呟きとか、初ツイートいえーい的な呟きとかを期待したのですが、調べた限りではいきなり仕事熱心なツイートを発信しているようです。

これはマスコットの鏡というべきでしょう。

りぽたんの名言ベスト3

りぽたんのツイートから独断と偏見により名言ベスト3を選出いたしました。※taka調べ

第3位


【解説】

我らがりぽたんとえこぴょんの、記念すべき初共演ショットです。

※えこぴょんとは

2008年度の学内公募で誕生した学生のデザインによるオリジナルキャラクターです。

世界を舞台に環境問題解決のために様々な活動をしている
ウサギです。
地球(型の気球)を背負っているのは、自分の背中に地球の未来がかかっていると思い込んでいるから。
法政大学カラー(オレンジとブルー)の服は母校愛の表れです。

引用元:法政大学環境関連キャラクターの紹介|法政大学環境センター|法政大学

「りぽたん対えこぴょん」という構図が好きなのですが、両者の記念すべき初カラミを第3位に選びました。

第2位


【解説】

「元祖」とか「最初の」とか「発祥」とかいう言葉に弱いので、個人的好みにより第2位に挙げたいと思います。

日本初の通信制大学とは、法政大学通信教育部である。

何とすばらしい響きでしょう。

第1位


【解説】

堂々の第1位は、えこぴょんへの対抗意識が隠しきれないりぽたんの呟きです。

「りぽたん対えこぴょん」という構図が個人的には好きなので、こちらのツイートを選びました。

りぽたんグッズは?

法政大学オリジナルグッズショップで「りぽたん」を検索しても、残念ながら検索結果0件でした(2018年3月9日現在)。

なお、同様に「えこぴょん」を検索した結果、9件もグッズがヒットしました(しかも、何気に結構かわいいグッズ)。

また、天下のGoogle先生にお伺いしたところ(検索)、残念ながら、やはりそれらしいグッズは見つけられませんでした。

探し方が悪かったのかもしれませんが、もし既にりぽたんグッズがあるなら買い揃えたい所です。

りぽたんの部屋

毎月発行されている冊子『法政通信』の裏表紙裏に「りぽたんの部屋」というページがあります。

毎号決められたお題(テーマ)に沿って、法政通教生たちが応募した短文のコメントを掲載するという内容のページで、例えば直近の『法政通信2019年3月号』における「りぽたんの部屋」では「大学生活でいちばん大変だったことは何ですか?どのようにそれを克服しましたか?」というテーマに対して、9人分のコメントが掲載されております。

こうした記事を読むと、やはり通教生というのは多種多様な背景をもって学問に取り組んでいるんだなと、大変刺激をもらえます。

まとめ

結論:りぽたんかわいい。

今後も法政通教生達の癒しとして、益々のご活躍を期待しております。

【追記】

ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました