内藤清成

家康公ゆかりの地:関東編

宗仲寺(神奈川県座間市)|家康公お手植えの銀杏が残る家康公ゆかりの寺

浄土宗来迎山峰月院宗仲寺は、徳川家康公ゆかりの寺であり、家康公がお手植えされた銀杏の木が現存しています。 家康公が、鷹狩りの際に立ち寄ったとの言い伝えが残されています。 また、元和3年(1617)家康公のご棺を駿府の久能山東照宮から日光東照宮に移動する際は、この宗仲寺で休憩しました。
takaをフォローする
タイトルとURLをコピーしました