吉田茂

日本史|史跡巡り

日本国憲法草案審議の地|吉田茂らが審議した日本国憲法発祥地の史跡

日本国憲法草案審議の地とは、日本国政府と連合国軍総司令部の間で日本国憲法の草案審議が行われた史跡の事です。東京都港区六本木1丁目8-4に記念碑が設置されています。昭和21年(1946年)2月、日本側は外務大臣吉田茂と法務大臣松本烝治が、総司令部側代表は民生局長ホイットニー准将と民生局次長ケーティス大佐が、同地にて日本国憲法の草案を審議しました。
takaをフォローする
タイトルとURLをコピーしました